銀座の美容外科・スレッドリフト|SUEクリニック銀座│たるみ│スレッド手技│クマ

完全ご予約制 お問合せ・ご予約はこちらから 03-3538-7577
WEB予約はこちら

美容外科

銀座の美容外科・スレッドリフト|SUEクリニック銀座│たるみ│スレッド手技│クマ

SUEクリニック銀座

美容外科


スレッドリフト

美容皮膚科

スレッドリフトとは、「スレッド(糸)だけを用いた吊り上げ術」のことで、顔の中に専用の特殊な糸を入れて頬などを引き上げる方法です。
顔のたるみを改善する治療法として、従来はフェイスリフトという本格的な手術が行われていました。しかし、手術のために会社を休めないという方や、大がかりな手術に抵抗を感じる方が少なくありませんでした。
そうした方々のために、もっと簡易にリフトアップはできないものかという観点から開発され、発展してきたのがこのスレッドリフトという方法です。
スレッドリフトを行うにあたり、当クリニックでは「溶ける糸」を推奨しております。
溶ける糸を用いることの大きなメリットとして、体内に残らないので安全・安心ということが挙げられます。また、糸が完全に溶けて無くなるまでの長い時間、血管や真皮層を刺激し、人体の自己治癒力を増強してコラーゲンの生成を誘導し続け、その結果として皮膚の垂れ下がりを改善し、お肌にハリとツヤをもたらします。

スレッドリフトはこんな方にお勧めです

  • フェイスラインのたるみが気になる
  • 頬まわりにボリューム感を出したい
  • 目元のクマ、ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインなどが気になる
  • 肌にハリがほしい
  • とにかく自然に若返りたい
  • 手術は怖くて抵抗がある など

当クリニックのスレッドリフト

n-COG(ニュートンコグ)リフト

重力による皮膚のたるみを改善すべく考案された最新の方法で、特殊な棘(コグ)の付いた糸を使用することによってお顔全体を均等に引き上げます。
施術にあたっては一切皮膚を切ることがなく、糸を内蔵した針を挿入していき、針を抜けば、糸だけが皮膚の中に残ります。医療用の溶ける糸を用いるため、1年半程度で体内に吸収されますが、糸の周辺ではコラーゲンが生成されるため、リフトアップ効果とハリが持続します。また、髪の生え際に針穴を開けるだけですので、傷あとはほとんどわかりません。

ダーマスプリングリフト

ダーマスプリングリフトは、コイル(スプリング)状になった医療用の糸(スレッド)を使用し、皮膚を切らないで行う、これもやはり最新のスレッドリフトです。
糸がコイル状になっているので、しっかり引き上げることができます。針先が丸くなっているため痛みが少なく、内出血も生じにくいのが特徴です。たるんで下がった部分に施術することで、自然な引き上げ効果をもたらします。また、ダーマスプリングの糸が留置された部分周辺のコラーゲン生成を促進するため、ハリのある肌質に変わります。

ダーマスプリングアイリフト

目の下のしわやたるみ専用のスレッドリフトが、ダーマスプリングアイリフトです。
皮膚にハリを出す効果と皮下脂肪を引き締める効果があり、目の下に生じたたるみと小じわの改善に効果的です。
従来の糸による治療では、目の下を引き上げることは困難でした。しかし、ダーマスプリングアイリフトの登場により、それまでのヒアルロン酸注入などに比べ、長期間にわたる効果が期待できるようになりました。

※上記の施術は、いずれも所要時間は20~30分程度で、局所麻酔と静脈麻酔下に行います。傷あとは目立たず、通院も不要です。また、小さな針穴から糸を入れていきますので、ダウンタイム(回復に要する時間)が短く、当日のお化粧も可能です。

*当クリニックでは、各種スレッドリフトによる施術に力を入れておりますので、お顔のたるみやしわが気になる方は、お気軽にご相談ください。

スレッドリフトの大まかな流れ

STEP1 
ご予約
矢印
電話等でご予約ください。ご希望の日時とお悩みの内容をお聞きします。
矢印
STEP2 
診察・カウンセリング
矢印
ご希望をよく伺った上で、最も適した施術法をご提案いたします。疑問や不安な点などが出てきましたら、遠慮無くお尋ねください。十分にご納得いただいた上で、治療に入ります。
矢印
STEP3 
施術の準備
矢印
仕上がりをイメージしながら糸(スレッド)を入れていく場所を決め、デザインします。
矢印
STEP4 
局所麻酔
矢印
糸の通る道筋に、局所麻酔の注射をします。
矢印
STEP5 
施術
針を用いて、糸を皮下に挿入していきます。
針穴の部分にテープを貼り、施術を終了します(施術時間20~30分程度)。
術後1~2時間の経過観察をした後、そのままお帰りいただけます。

目元まわりの美容


二重まぶた

日本人の約半数が一重まぶたです。二重まぶたの手術をすると、目が大きく開いた感じになるため、若い女性に希望者が多く見受けられます。
二重まぶた手術には、主に「埋没法」と「切開法」の二つの方法があります。

埋没法

一重の方は糸をまぶたに埋め込み、靭帯の代わりをさせ、皮膚を引っ張り上げます。二重まぶたの方は二重を形成する靭帯が豊富に存在しています。より生理的なものに近い形成ができるよう靭帯の施術します。

切開法

皮膚を切開し、目の上の余分な皮膚を切除し、二重にする方法です。くっきりとした二重にしたい方や、戻りにくい二重にしたい方に適しています。切開する範囲に応じて部分切開法と全切開法があります。状態やご希望の仕上がりに合わせて、いずれかふさわしい方法をご提案いたします。

その他
目頭切開

日本人など黄色人種に特有の「蒙古ひだ」(目頭を覆う上まぶたの皮膚)を取り除くことで、目元の印象を変える施術です。目の横幅が広がり、目もとが一まわり大きくなった印象に変わります。目と目が離れ気味な方、目をもっと大きく見せたい方、平行型の二重にしたい方などにお勧めです。

上まぶた
上まぶたのたるみ取り(眉下切開法)

まぶたの皮膚のうち、まゆ毛側(まぶたの上部)の厚い部分を切除してまぶたのたるみを改善する方法です。まぶたのどの位置のたるみを無くせば自然なまぶたに見えるかと言うと、厚い皮膚を無くして薄い皮膚を残したほうがずっと自然に見えます。眉下切開法なら、より自然な仕上がりになります。

カラスの足跡(ボトックス注入)

目じりのしわ、いわゆる「カラスの足跡」は年齢を感じさせることから、悩む方が少なくありません。カラスの足跡の解消には、ボトックス注入が有効です。ボトックスはボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種で、筋肉の収縮を弱め、麻痺させることで、しわ取り効果が得られます。また、ボトックスには、新しくしわを作らないようにする予防効果もあります。

下まぶた
下まぶたのたるみ取り

下のまつ毛の生え際で、目の下のたるみを切除して縫い合わせることで、目元の張りを蘇らせます。目周りは内出血しやすいのでダウンタイムが心配な方や手術までは考えていない方は糸による下まぶたのたるみ改善も可能です。

経結膜脱脂術

経結膜脱脂術では、下まぶたのふくらみの原因となる脂肪(眼窩脂肪)をまぶたの裏側から取り出すことで、クマやたるみを改善します。皮膚を切ることなく行え、術後の腫れも少なくて済み、下まぶたの手術としては最も負担の少ない手術と言えます。

TOP