赤ちゃんのあざ治療|乳幼児|小児形成外科|SUEクリニック銀座│小児形成外科│青アザ│茶アザ│黒アザ│蒙古斑│太田母斑

完全ご予約制 お問合せ・ご予約はこちらから 03-3538-7577
WEB予約はこちら

小児形成外科

赤ちゃんのあざ治療|乳幼児|小児形成外科|SUEクリニック銀座│小児形成外科│青アザ│茶アザ│黒アザ│蒙古斑│太田母斑

SUEクリニック銀座

小児形成外科


当院の小児形成外科では赤ちゃんのアザの治療を中心に診療しております。

赤ちゃんのあざの治療

美容皮膚科

日本人の場合、赤ちゃんのアザでなんといっても多いのは青アザですが、時に茶アザや黒アザなどが見られることもあります。生後すぐに治療すればするほど治療の負担も少なくて済み、お母様の心配や悩みも軽減することができます。
以下で、代表的なアザについてご説明いたします。
当クリニックは、赤ちゃんのアザの治療に力を入れておりますので、赤ちゃんのアザが気になった場合は、お気軽にご相談ください。

※ご家族で判断できないアザについては、受診の上ご相談ください。

青アザ


蒙古斑

蒙古斑は、日本では出生時に9割くらいの赤ちゃんに見られるアザで、お尻や背中、腰を中心に現れます。蒙古斑の状態には個人差が大きく、数も大小も濃淡も様々です。2歳頃をピークに蒙古斑は増える傾向がありますが、ほとんどは10歳前後までに自然に消失していきます。
また蒙古斑には、お尻や背中以外の場所に現れるものもあり、これを異所性蒙古斑と呼びます。異所性蒙古斑は、四肢(手首・足首・腕など)や顔、お腹などに現れることが多く、通常の蒙古斑よりも消えにくいのが特徴です。色が濃くて目立つようですと、大人になっても消失しないケースがありますので、レーザー治療の適応になります。

太田母斑

太田母斑は青色からやや褐色の小さい斑点が集まってできたアザで、女性に多くみられます。出生直後から目立つ場合と、思春期頃に目立ってくる場合とがあります。顔に出るケースが多く、片側の目のまわりやこめかみ、頬などに現れるために目立ってしまい、気にする方も少なくありません。
太田母斑は、一般に自然に消失することはなく、思春期に近づくにつれて色が濃くなる傾向がありますので、気になるようでしたら早い段階でのレーザー治療をお勧めします。

茶アザ

茶アザは正式には扁平母斑と言い、その名にもある通り扁平であり、ほくろのようには隆起していません。多くの場合は生まれつきのものですが、思春期になってから発症するケースもあります。かつて扁平母斑の治療は、ドライアイスや液体窒素によるものが中心でしたが、現在は、傷ができにくいレーザー治療を最初に行います。
扁平母斑は完治しにくく、再発が多いアザです。0歳児には6割程度の効果がありますが、成人になると2割程度となってしまうため、早期の治療が望ましいところです。生まれつきの茶アザがある場合は、早めに専門医に診てもらいましょう。

黒アザ

黒アザは、正式には色素性母斑(母斑細胞母斑)と言います。色素性母斑の小さいものがホクロで、1cm程度を超えるものを黒アザと呼んでいます。大きいものになると悪性化する可能性も出てくるため、切除を考慮に入れることがありますが、問題無いと判断される黒アザについてはレーザーなどによる治療が可能です。

TOP