ヒーライト

細胞レベルの肌ケア

ヒーライトを使用した低レベル光線療法(LLLT)は、細胞機能の光調節、治癒時間の改善、痛みの緩和、活動的なにきびの鎮静、皮膚の若返りの促進などを目的とした入射光の治療的使用です。

ヒーライトは、適切に供給され集光される発光ダイオード(LED)技術により830、590、633の光の特性を利用し、物理的な外傷または熱損傷の可能性なしに効果的に治療します。 ヒーライトを使用したLLLTは、独立型療法として、または他の多くの治療法を伴う補助療法として使用できます。

ヒーライトとは

590と830波長の特性により皮膚の深部及び皮下組織までエネルギーを到達させるLED美容施術です。 ヒーライトは単独施術において美肌効果とタルミ改善、肌のキメ張りと肌ツヤ肌の弾力性を復活させ創傷治癒などに貢献します。

また、様々な美容施術と組み合わせることで革新的相乗効果をもたらします。 ヒーライトは1分間の590波長のエネルギーをプレ照射します。

この1分間のプレ照射により表皮細胞の覚醒や毛細血管の迅速な血液促進を促す働きがあります。

続けて830波長が自動で切り替わる連続照射することでマクロファージ細胞やマスト細胞、好中球などを数日後に最大限に増殖させ、長期的には繊維芽細胞を構築していきます。

ヒーライトの効果とシステム

近赤外線と呼ばれる波長で最大の特徴は、最も皮膚への深達度が深く筋肉層にまで到達することです。1800個の高密度LED照射により皺やタルミ改善を可能にするために皮膚組織までエネルギーを到達させます。

抗炎症性サイトカイン、マスト細胞、コラーゲン、エラスチンを増産させることでシミの原因となるメラニンを減少させたり脂肪の排出を促進させたりします。また血行促進やリンパの流れを向上することにより術後の炎症や赤み腫れ等の鎮静化、創傷治癒効果にも優れ、スレッド施術やレーザー後にもお勧めです。他にも皮膚のキメハリと目の周りのたるみやクマ、くすみ肌の改善、背中やお腹などの気になるボディの弛んた部分の引き締め、腰痛や肩こりの緩和、育毛、薄毛治療にも適しています。

こんな方におすすめ

副作用・リスク・注意事項

特にありません。

ヒーライト 1回 5,000円
5回 20,000円
10回 30,000円
トップへ戻る