腋臭・多汗症

腋臭と多汗症の違い

腋臭(わきが)は単なる汗臭さとは異なり、つんと鼻につくようなにおいが特徴的です。 わきがの主な原因は、アポクリン腺という汗腺から出る汗にあります。 汗自体はそもそも無臭なのですが、アポクリン腺から出た汗に含まれる脂質やたんぱく質・糖質・アンモニアなどの成分が皮膚表面の常在菌により分解されることで鼻につく独特のにおいが生じるのです。 片やエクリン汗腺からの汗の分泌が異常で日常生活に不便さを感じるほどの汗をかくこと多汗症といいます。エクリン汗腺からの汗の99%が水で構成されるため、元々は臭い自体の原因になりません。 汗と一緒に流れる古い角質や皮脂などの雑菌と反応することでムッとした臭いが発生します。

腋臭と多汗症のチェック

このチェック自体が症状を診断するものではなくあくまでも目安となりますので、症状の可能性がある方は、診察を受けましょう。

腋臭症チェック

2つ以上当てはまる方は腋臭症の可能性があります。

多汗症チェック

腋臭と多汗症の治療

治療法は手術やボトックス注射等がありますが、剪除法という手術は、アポクリン汗腺をしっかりと除去する手術法。 ワキ下の皮膚を3~4cm切開し、ドクターの肉眼で判断できるアポクリン汗腺をできる限り除去します。 手術は1週間程腕の可動域に制限がかかること、術後経過の診察が必要であること、皮膚が元の状態に戻るまで個人差があり、約3ヶ月から半年ほどかかりますので、ご自身の生活環境、支えてくれる周りの環境等を考慮しながらの治療方針の決定が必要となります。 根本治療まではいきませんが、腋臭・多汗症が気になり、治療にダウンタイムが取れない方は、ボトックス治療も良いかと思います。 ボツリヌストキシンには、神経の末端から分泌される伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑制するという働きがあります。 「アセチルコリン」は交感神経の末端で発汗を促しているため、この働きを抑制することにより過剰な汗の分泌を抑えることができます。

副作用・リスク・注意事項

剪除法

1週間は腕を動かす事ができない為、洗髪等はご家族等に行ってもらうことになります。 もし腕を動かしてしまった場合は、縫っていた糸が切れてしまったり、傷口が開き汚染される可能性もありますのですぐに受診してください。 また異常な痛みが継続したり、悪臭が出てきた場合は、感染を起こしている場合がありますのでこの際もクリニックを受診してください。 傷口が正常に戻るまでは、軟膏を塗布したガーゼをしっかり当てて清潔を保ちましょう。最低3ヶ月は、過度な運動等は避けてください。

ボトックス

注入による違和感・アレルギー反応が起こることがあります。搔痒、圧痛を伴う炎症反応(発赤、浮腫、赤斑)など、これらは通常は一過性のものですが、1週間ほど継続することがあります。 注入による塞栓またはそれに伴う様々な症状。 血腫、感染、注入部位の着色または退色、神経圧迫、予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。 ボトックスは熱に弱いので2,3日は入浴・サウナ・激しい運動はお控えください。施術の効果は3,4日後から徐々に出てきます。 その後約2週間で安定していきます。 効果効能には個人差がございます。 妊娠中、授乳中の方、過去にアレルギーを起こしたことがある方は治療を受けることができません。 妊娠を希望されている方にもお勧めしておりません。 治療当日の飲酒や激しい運動など血流を良くすることは、内出血のリスクを増大させますのでお控えいただいております。

トップへ戻る