クマ|SUEクリニック銀座(形成外科・美容外科・美容皮膚科)

完全ご予約制 お問合せ・ご予約はこちらから 03-3538-7577
WEB予約はこちら

クマ

クマ|SUEクリニック銀座(形成外科・美容外科・美容皮膚科)

SUEクリニック銀座

クマ


クマについて

一目見て疲れた印象や老けた印象を与える目の下のクマ。クマにも種類があり、症状別に青クマ・黒クマ・茶クマの3タイプに分けられます。
眼球の周りはクッションのような役割を果たす脂肪で覆われていて、それをとても薄い瞼が支えています。
瞼には汗腺が無く、皮脂腺も少なく、角質も薄いので乾燥しやすく神経も敏感な状態です。瞼は絶えず動くので負担がかかりシワやたるみが形成されやすく、メラノサイトの活動が盛んな為、色素沈着を起こしやすい部分でもあります。

クマの種類

青クマ

青くまは目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こります。
目の疲れや冷え性、寝不足が主な原因です。
十分に睡眠をとることはもちろんですが、血行を良くするスペクトラピールやインフィニSFR、ヒーライトなども効果的です。

黒クマ

年齢と共にハリや弾力が低下し皮膚がたるむと、影になった部分が黒くみえ、黒クマを引き起こします。
コラーゲンやエラスチンの生成を促す治療のリジュランiやダウンタイムが取れる方は、目も周りに挿入するアイスレッドが効果的です。

茶クマ

茶色のクマは色素沈着型で、シミが集まることで茶色く見えたり、目をこすることで起きる色素沈着や角質肥厚などが原因です。
この茶クマには、炎症を抑えつつ、美白ケアを行う事が効果的です。
ラセムドの美白アンプルやルートロピールでシミを軽減させることで改善をはかります。

TOP

完全ご予約制 お問合せ・ご予約はこちらから 03-3538-7577
WEB予約はこちら